2015 年 8 月 13 日時点で、Qualcomm Incorporated の子会社である Qualcomm Global Trading Pte. Ltd. は、CSR 社の買収を完了したことを
謹んでご報告申し上げます。詳しくは、プレスリリースをご覧ください。

IPS™ Universal Print Interpreter

IPS™ ユニバーサル プリント インタープリタは、一般的なアーキテクチャ内のあらゆる標準的なページ記述言語(PDL)に対応します。

このインタープリタを使用すると、カラープリンタ、モノクロプリンタおよび多機能デバイスは、Windows、Mac、Linux、モバイル オペレーティング システムや、オフィス、エンジニアリング、グラフィックアート用アプリケーション、さらには企業のコンテンツや管理システムなど、さまざまなソースからの印刷ジョブに対応できるようになります。

あらゆるプリント言語をひとつのソリューションに統合することにより、プリンタメーカーや MFP メーカーは、RAM およびフラッシュ ROM のメモリフットプリントを最小限に抑えることで、コストを削減することができます。また、パフォーマンスおよび画質の向上を引き出す移植および最適化を、PDL 全体において容易に適用することができます。
 

Quatro® およびマルチコア最適化

IPS ユニバーサル プリント インタープリタは、CSR の Quatro® マルチコア プロセッサ ファミリーの機能を活用できるように改良されています。表示リストの生成およびレンダリングは、プロセッサの最新アーキテクチャにおいて、並列化のチャンスを増やすことを目的としています。IPS ユニバーサル プリント インタープリタをベースとしたマルチコアプリンタおよび MFP コントローラーは、通常より低い CPU クロック周波数であっても、かなり高いスループットを実現できます。また、Quatro SoC をご使用のお客様は、CSR が IPS ユニバーサル プリント インタープリタを予め Quatro ファームウェア環境に統合したことにより、市場投入までの時間を削減することができます。
 

Apple AirPrint、Mopria、Google Cloud Print 認証

オプションの IPS SKY コンフィギュレーションは、Apple、Mopria Alliance、Google が提供する最新の印刷プロトコルを追加サポートできるようにし、Apple AirPrint、Mopria 規格、 Google Cloud Print 2.0 の認定を受けたソリューションを提供します。IPS Sky for AirPrint は、あらゆるファイル形式に対応するインタプリタと、AirPrint が iOS および Mac OS X デバイス上で使用する通信プロトコルのリファレンス実装を追加します。IPS Sky for Mopria は、Mopria Alliance 規格で必要とされるファイル形式のサポートと、Android デバイスから印刷するための規格によって定義されている通信プロトコルのリファレンス実装を追加します。IPS Sky for Google Cloud Print は、軽量の XML プリント チケット パーサーに加え、Google の Cloud Print 2.0 サーバーが使用する通信プロトコルのリファレンス実装も追加します。

Get this product


Overview

Transparent Imaging Model

CSR’s innovative OneImage common display list technology has been extended to support native transparency rendering for greatest fidelity to PDF documents created in Adobe Acrobat and other applications used by creative professionals and for the rendering rules of the XPS and Open XPS Document formats. Sharing rendering components across interpreters for all PDLs improves compatibility and reduces the required memory footprint to add support for direct printing of XPS and OpenXPS Documents. 

Designed for Customization

CSR provides complete source code for the IPS Universal Print Interpreter and a full set of engineering documentation to enable OEMs to customize the interpreters for specific market requirements. With its layered architecture, application programming interface (API) and common display list model, IPS reduces time-to-market and development costs.

CSR Engineering Support Services

CSR offers Source Code Maintenance and Engineering Support Programs that can shorten development cycles and ensure that the latest language features are available as new controllers are developed. The IPS source code license includes technical support, software integration training and source code maintenance. The Source Code Maintenance Program provides extended source code maintenance and technical consulting, including informative technical bulletins and software patches and updates.

CSR’s Engineering Support Program provides direct software integration assistance and design recommendations to optimize the interface between the print language interpreter and the controller. OEMs can also work with a CSR-authorized development partner. These companies have experience in CSR’s IPS software integration and can offer fixed-cost, turnkey controller development for a range of controller configurations and print engines.

  • Proven solution that supports all major PDLs — PostScript, PDF, PCL 5, PCL XL (PCL 6), XPS
  • AirPrint support certified by Apple
  • Mopria support certified by Mopria Alliance
  • Google Cloud Print 2.0 support certified by Google
  • Industry’s most widely adopted PDL interpreters — Greatest compatibility with HP printers
  • Smallest ROM and RAM footprint — OneImage™ common display list shared by all PDL interpreters
  • Source code availability — Provides design flexibility and facilitates value-added customization

Compatibility

  • Monochrome Adobe PostScript 3 as implemented in the Ricoh Aficio SP 4110N
  • Color Adobe PostScript 3 as implemented in the Ricoh SP C420DN
  • Monochrome PostScript 3 as implemented in the HP LaserJet Enterprise 600 printer M601n series
  • Color PostScript 3 as implemented in the HP LaserJet Enterprise 500 color printer M551n series
  • Direct monochrome PDF as implemented in the Ricoh Aficio SP 4110N
  • Direct color PDF as implemented in the Ricoh SP C420DN
  • Acrobat X (ISO 32000-1:2008 Extension Level 8)
  • PCL 5e as implemented in the HP LaserJet Enterprise 600 printer M601n and LaserJet Enterprise 700 printer M712n series
  • PCL 5C as implemented in the HP LaserJet Enterprise 500 color printer M551n series
  • Monochrome PCL 6 as implemented in the HP LaserJet Enterprise 600 printer M601n and LaserJet Enterprise 700 printer M712n series
  • Color PCL 6 as implemented in the HP LaserJet Enterprise 500 color printer M551n series
  • Microsoft XPS (XML Paper Specification 1.0)
  • OpenXPS Standard (ECMA-388 Open XML Paper Specification)
  • PJL as implemented in HP’s LaserJet 5Si
  • AirPrint support certified by Apple
  • Mopria support certified by Mopria Alliance
  • Google Cloud Print 2.0 support certified by Google

Print Resolutions

  • Up to 1800 dpi [except PCL 5]
  • 300, 400, 600, 1200 and 1200 x 600 dpi [PCL 5]

Output Color Models

  • 1, 2, 4 and 8-bit pixel depths
  • Monochrome, RGB and CMYK by plane [except PCL 5] 
  • Monochrome, CMY and CMYK by band
  • RGB by pixel (8-bit)

Fonts

  • Bitstream Font Fusion
  • Monotype UFST
  • Monotype Gold Multiple Master fonts [PDF only]

Memory Requirements (PDF and XPS)

  • Minimum: 48 MB (600 dpi, 1-bit)
  • Recommended: 256 MB (600 dpi, 1-bit color, transparency)

Memory Requirements (PostScript, PCL 5, PCL XL)

  • Monochrome: 4 MB (600 dpi, 1-bit)
  • Color: 8 MB (600 dpi, 1-bit)

Paper Size

  • Executive, letter, legal, ledger, A3, A4, B4, B5, envelope, others

Layout Printing Support

  • Duplex
  • N-up

Quality Assurance


Terms of Supply

関連製品