2015 年 8 月 13 日時点で、Qualcomm Incorporated の子会社である Qualcomm Global Trading Pte. Ltd. は、CSR 社の買収を完了したことを
謹んでご報告申し上げます。詳しくは、プレスリリースをご覧ください。

すべてのインターネット(IoE)が現実化するにつれて、大量のデータやコンテンツにアクセスしたり、さまざまなデバイスの制御を行ったり、さらには複雑なユーザーインターフェースを使用したりする必要が出てきます。ワイヤレス全般に関する CSR の定評ある専門技術により、Avi-on や AirCable といった多くの企業は、自宅やビルの自動化を実現する魅力的な新製品の開発を推し進めることが可能になりました。


多くの新しいオプションを利用することで、取り付けやすさや優れた相互運用性の実現、さらには、スマートフォン、タブレット、ノート PC など各種デバイスによる制御可能性が期待されています。CSR は、この競争が激化する複雑なコネクテッドワールドおいて、お客様の製品が他社の製品よりも魅力的なものになるようサポートします。CSR のコネクティビティ技術を利用したソリューションにより、複数のワイヤレス技術をインテリジェントに統合することが可能となり、最高のユーザーエクスペリエンスが実現します。

技術の常識を打ち破る CSR の Bluetooth® Smart CSRmesh® プロトコルは、スマートフォンを IoE の中心に据えることを目的としています。このプロトコルにより、ほぼ無数の Bluetooth low energy 対応デバイスをネットワークにつなぎ、1台のスマートフォン、タブレット、PC から直接制御することが可能になりました。これは「世界初」のことです。照明、暖房、家電、セキュリティシステムなど、どこからでも、安全かつシームレスに、Bluetooth Smart 対応の自宅またはオフィス用デバイスを制御することができます。これにより、自宅、ビジネス全体で、Bluetooth Smart 製品の幅が広がります。

しかし、まだまだ、これからです。IoE はインターネットの進歩におけるニューウェーブとして新たに出現し、2020 年までには何十億もの「モノ」とインターネットがつながると期待されています。CSR はワイヤレスコネクティビティのパイオニアとして、この革命において、まさに中心的役割を担っています。

大手のモジュールサプライヤーの多くが、CSR Bluetooth Smart を採用しています。開発者の皆様は、これらの第三者モジュールを使用することにより、受賞歴のある CSR の技術を自作のアプリケーションにコスト効率良く、簡単に統合することができるようになります。例えば、CSRmesh は CSR101x モジュールのすべてを完全サポートしているので、IoT 向けの革新的なターンキーソリューションの開発が可能です。