2015 年 8 月 13 日時点で、Qualcomm Incorporated の子会社である Qualcomm Global Trading Pte. Ltd. は、CSR 社の買収を完了したことを
謹んでご報告申し上げます。詳しくは、プレスリリースをご覧ください。

SiRFDRive®

SiRFDRive® シリーズの推測航法ソフトウェアソリューションを使用することにより、自動車の組立メーカーや一次部品メーカーは、極めて過酷な環境でも正確な測位情報を維持する車載 GNSS ソリューションを開発することが可能となります。

推測航法(DR)は、以前計測した位置をベースに現在の位置、すなわち航行位置を推測し、方位および既に分かっている速度または時間の経過とともに割り出した推定速度を利用しながら、その位置に進むプロセスのことです。DR ナビゲーション トラックは、方位や速度の変化をセンサーを使って追跡します。速度と方位を観測するために使用されるセンサーが正確で、正確な位置が最新情報としてシステムに入力されると、結果は極めて正確なものになる可能性があります。これが必要なのは、DR においては、わずかな誤差も、時間の経過とともに蓄積、合成されるためです。

空が完全に見渡せるような、理想的な状況下であっても、時計の誤差や電離層効果、システム内部のノイズといった要因により、GNSS ナビゲーションの精度は低下しますが、それでも 期待水平精度が5 メートル未満になるようにして、位置情報を提供することができます。ほとんどの自動車航法の場合、このレベルの精度は許容範囲内です。しかしながら、実際の場面では、自動車は理想とは離れた状況に遭遇する場合が多いので、特に GNSS 信号がブロックされた場合など、精度を維持するためのサポートが必要となります。方位および速度支援情報の形でサポートすることにより、システムは正確な位置情報を提供できるようになります。

SiRFDRive をサポートするデバイスは次の通りです。SiRFstarV 5ea

センサーベースの SiRFDRive1

SiRFDRive1 に必要なもの:

  • 方位データを提供するジャイロスコープ
  • オドメーター スピード パルス
  • 車の順方向/逆方向信号

DR データは SiRFstarV ハードウェアが直接サンプリングします。ジャイロスコープは I2C ポートを通じてサンプリングされます。スピードパルス計測用の内部オドメーターカウンターがあります。このシステムでは、正/逆入力用 GPIO 入力が使用されます。

メッセージベースの SiRFDRive2

SiRFDRive2 では、専用のジャイロスコープを使用したり、スピードパルスを接続したりすることなく、車載用データバス(CAN バス、ODBII など)情報が使用されます。バスの監視、関連メッセージの入手、さらには SiRFDRive2 用に変換、初期化するための外部アプリケーションが必要となります。車載用バスデータを SiRFDRive2 システムに読み込ませるための CSR 専用メッセージがあります。

差動ホイールティック(DWT)では、方位および速度データを計算するのに、ABS システムからの車輪速度/パルスメッセージが使用されます。順方向/逆方向のメッセージも必要です。

SiRFDRive2 の二番目のバージョンでは、(一般的には安定制御システムからの)ジャイロスコープデータ、速度、順/逆メッセージが使用されます。ジャイロスコープデータを使用する SiRFDRive2 は一般的に、個々のホイールティック/速度メッセージを使用する SiRFDRive2 よりもパフォーマンスが優れています。なぜなら、前者は方位の変化を直接測定しますが、DWT DR では車輪パルスや車両の形状から方位が求められるためです。

 

Get this product


Overview

Supported Chips

  • GSC3e/LPa

Software Options

  • SiRFDRive 1 and SiRFDRive 2
  • SiRFInstantFix™ extended ephemeris technology

GSC3e/LPa Chipset Package

  • Type: 121-ball grid array (BGA) with a pitch of 0.80 mm / Pb free
  • Dimensions: 10 mm x 10 mm / Height: 1.4 mm

SiRFDRive 1 Dead Reckoning Sensor Requirements

  • Gyro for directional measurement
  • Wheel speed signal
  • High-resolution 13-bit A/D converter

Data Update Rate

  • 1 Hz

Position Fix Availability

  • GPS and DR 99%

Horizontal Position Error, GPS and DR 

  • Static open sky <10 m
  • Dynamic open sky <15 m
  • Dynamic foliage <20 m
  • Dynamic urban canyon <20 m

Speed Error in 98% of Positions

  • Static open sky <0.5 mph
  • Dynamic open sky <0.5 mph @ >25 mph
  • Dynamic foliage <1.0 mph @ >25 mph
  • Dynamic urban canyon <1.0 mph @ >25 mph

Heading Error in Open Sky

  • @ speed >10 m/s, 22 mph <3 deg
  • @ speed >30 m/s, 66 mph <1 deg
  • SiRFDRive navigation engine allows OEM and tier 1 automotive manufacturers to build robust location-enabled devices for automotive markets such as in-vehicle navigation, asset tracking, and telematics
  • Unlike most Dead Reckoning systems, SiRFDRive leverages our expertise to create a highly coupled system that incorporates information from both the GPS and the Dead Reckoning sensors to provide unparalleled accuracy
  • When SiRFDRive is used in combination with the GSC3e/LPa chipset, users can maintain accurate positioning information in urban canyons, tunnels, and parking lots. SiRFDRive also supports SiRFInstantFix technology, which delivers fast time to first fix performance
  • SiRFDRive 1 provides customers a turn-key solution with well-defined interfaces for gyro and odometer input. This enables customers to minimise the complexity of their system and achieve faster time-to-market
  • SiRFDRive 2 does not require a dedicated gyro and can access sensor information directly from the vehicle bus
  • SiRFDRive 2 allows high-volume customers the ability to achieve substantial cost savings while maintaining accurate Dead Reckoning accuracy and performance
  • Navigation available within three seconds of start-up without reliance on map matching
  • GPS measurements continually calibrate Dead Reckoning data to ensure optimum speed and heading accuracy
  • Dead Reckoning measurements validate and correct GPS fixes during signal blockage and multipath conditions
  • Enables devices to achieve improved urban canyon accuracy
  • Navigation availability in tunnels and parking garages
  • Seamless integration with the GSC3e/LPa GPS chipset

Terms of Supply

関連製品